HOMEOSHO瞑想>マハムドラー瞑想

◆マハムドラー瞑想◆

<一日のうちどの時間でも><チャクラにワークしたい人に>

この瞑想は2つのステージからなる50分間の瞑想です。

第1ステージ(30分)目を閉じて立ち、身体を受容的にゆったりとさせて、身体に突然動かしたい衝動が訪れるのを待ちます。身体がリラックスしていると、微妙なエネルギーを感じ自分ではコントロールできない動きに乗っ取られていきます。これはラティハンというものです。その状態を観照し、観照者にとどまります。

第2ステージ(20分)跪いて座り、目を閉じて、両腕と手のひらを空に向かって上げます。頭が空っぽの器の口になったかのように、そこへ途方もないエネルギーが降りてくるのを感じます。内側はただ空であるように。エネルギーがあなたを完全に満たしてゆきます。身体にそれができるだけ深く深く入ってゆくのを完全に許します。身体が強風にあおられる樹の葉のように震えシェイクするのを感じ始めるでしょう。

自分が満たされ、エネルギーに溢れていると感じたら、前に向かって上半身を倒します。額を地につけます。そうしてエネルギーが大地へと注ぎこまれるのを感じます。エネルギーを天から受け取り、地へと返します。あなたはあたかも通過するエネルギーの通り道となる中空の竹のようになります。

ひととおり地に返したら、また両腕を上げて天から降り注ぐエネルギーを頭から受け取ります。これを7回繰り返します。1回やるごとに、ひとつひとつのチャクラをエネルギーが貫いてゆくので1回ごとに深いチャクラに届いてゆきます。7回以上やってもよいですが、7回以下にならないようにしてください。それが完全なマハムドラー瞑想です。

※この説明はWeb用に要約したものです。実際に行う場合は、経験者のインストラクションを受けてください。専用の音楽がありますので、osho.comをご参照ください。