HOMEOSHO瞑想>マンダラ瞑想

◆マンダラ瞑想◆

<一日のうちどの時間でも><チャクラにワークしたい人に><初めての人はひとりでやらないで!>

どのような円にも中心というものがあります。この瞑想はエネルギッシュで強力な技法です。最初の3つのステージでは、エネルギーの渦を創り出すことにより「中心に定まる」ことが目的です。そして、第4ステージはくつろぎです。

これは4つのステージからなる1時間の瞑想です。3つの鐘の音を聞いたら瞑想は終了です。

第1ステージ(15分)目を開いたまま、その場で駆け足をします。膝をできるだけ高く上げて、深く呼吸し、吸う息と吐く息を等分にします。走り続けましょう。これによってエネルギーは内側に向かいます。

第2ステージ(15分)目を閉じて座ります。口は力を抜いて軽く開きます。風に吹かれてそよぐ葦のように、身体を腰からおだやかに揺らします。左右へ前後へ、あるいはぐるぐると、動きが起こるままに揺らします。これによって目覚めたエネルギーが臍のセンターに集まります。

第3ステージ(15分)仰向けに横たわり頭を動かさないようにしておきます。目を開き、眼球を時計回りに回転させます。まるで巨大な時計の秒針を目で追っているかのように。口は開けたまま、顎をくつろがせ呼吸は柔らかく呼気と吸気を等分にします。これによって、中心に集まったエネルギーが第三の目に導かれます。

第4ステージ(15分)目を閉じてじっとしています。

※この説明はWeb用に要約したものです。実際に行う場合は、経験者のインストラクションを受けてください。専用の音楽がありますので、リンクをご参照ください。

© 2018 Tomoko Nakamura

  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン