© 2018 Tomoko Nakamura

  • Facebookの社会的なアイコン
◆OSHOクンダリーニ瞑想◆

この瞑想は日没、または遅めの午後に行うのがベストです。一日の終わりに緊張を解きほぐし、レットゴー(手放す)とても効果的な方法です。最初の2つのステージのシェイクとダンスで、岩のように凝り固まり抑圧されたエネルギーを「溶かす」ことをします。エネルギーは流れるようになり、踊りとなり、至福と喜びに変容されます。後半2つのステージでエネルギーは垂直に上昇し、静寂へと至ります。

これは4つのステージからなる1時間の瞑想です。第1ステージと第2ステージでは目は開けていても、閉じていてもかまいません。

第1ステージ(15分)。ゆったりと立ち、エネルギーが足元から上昇してくるのを感じながら、全身が震えるのにまかせます。体のあらゆる緊張を解き放ち震えそのものになりましょう。

第2ステージ(15分)では、感じるままに踊ります。全身が動くにまかせます。

第3ステージ(15分)では、座るか立ったまま目を閉じて、内側に起こっていることすべてを観照します。

第4ステージ(15分)。目を閉じたまま静止し、横たわります。

※この説明はWeb用に要約したものです。実際に行う場合は、経験者のインストラクションを受けてください。専用の音楽がありますので、リンクをご参照ください。