top of page
検索
  • tomotomo1965

あなたが戦闘に参加していなくても

その人が他を脅かす存在にならない限り、

個人への干渉はすべきではない…

個人一人ひとりがありのままでなければいけないし、

ありのままの自分でいるために、

十分なスペースを与えるべきだ。

それを、ファシスト・マインドは許せないのだ。

『反逆の軌跡』(​ヴァサント・ジョシ著 宮川義弘訳 市民出版社)より

~~~~~~~~~~~~~

いつもとは趣が少し違いますが、

上記はOSHOの伝記からのOSHOの言葉の引用です。

世界では今また戦争が容認されていて、

人類は後退の歴史をたどるのかあやうい綱渡りをしています。

だた昔と異なっているのは、

そうした「綱渡り」がそれと分かるように報道されるようになった

ということではないでしょうか?

ファシストはその人自身が突然変異のように

「ああ、自分は間違っていた」と気づくしかないのでしょうか。

ただ待っているだけの私たちで本当にいいのでしょうか。

瞑想の立場としては、

ただ世界の事件を自らの内側の戦争と同じように

「形をかえつつ、時に朝日に燃えながら、

時に暗く闇に溶けゆきながら、流れゆく雲を見守る」のみ。

​あなたが戦闘に参加していても、していなくても…

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page