top of page
検索
  • tomotomo1965

瞑想のひそかな愉しみ

ひとたびあなたが生気に満ち、

〈生〉のエネルギーが湧き上がってきたら、

あなたは不意に〈実在〉との調和を感じる。

ところが社会とは合わなくなる――。

だがあなたがたにはっきり言っておこう。

もし社会としっくりいかなくても、

そんなことを気にすることはないとね!

究極的にそんなことには何の意味もないからだ。

​OSHO『あなたが死ぬまでは』(ふみくら書房)より

~~~~~~~~~~~~~

瞑想でエネルギーに満ちた生活を送っていると、

なんだか社会としっくりこない、というか、

社会のほうがしっくりこない、と思うことがあるかもしれません。

世の中のたいていの人たちは、目覚めを知らずに過ごしています。

ほとんどの人は眠りの中でうごめいています。

瞑想によって目覚めを経験した人にとって、

それは違和感を感じざるをえないものとなるでしょう。

でもそんなに心配することはありません。

「あなたたちは眠っている! 目覚めよ!」とか言う必要もありません。

むしろそうすることは危険でさえあります。 あなたはただ「目覚めとはこういうことなんだ」と腑に落ちて、

​ひとりほくそえんでいるだけでいいんです。

閲覧数:1回0件のコメント

댓글


bottom of page