top of page
検索
  • tomotomo1965

覚醒のベルトコンベア

…不幸なり、苦しみなり、どんな状態にあっても、

それに対して観照者でいる。

なにが起ころうとも、

出来事と自分を同化してはいけない。

観照者、観察者でいる。

観照できるようになれば、

第三の目に焦点が合うようになる。

その逆もまた然りだ。

第三の目に焦点を合わせていれば、

人は観照者になる。

このふたつは同一物の二側面だ。

まず第三の目に焦点を合わせることによって、

観照する自己が出現する。

すると自分の想念に直面できるようになる。

​OSHO『内なる宇宙の発見』(市民出版社)

~~~~~~~~~~~~~

第三の目に焦点が合うと、

途端に瞑想の道はまったく新しい局面に入ります。

第三の目に焦点を合わせることが、

その扉を開く鍵となります。

「お入りなさい」といったふうに開いたその扉をくぐり抜けると、

そこからはまるでスピードの違うベルトコンベアに乗ったかのように、

「その道」は急速に展開していきます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page